ハムサ   

ハムサ ( または) はユダヤ教とイスラム教徒の双方で保護のために使用される手形のお守りです。その名前は文字通りでは「5」を意味し、 セムの家系から来る物です。ハムサは通常、解剖学的に正しい方法ではない両側に親指のある、対照的な手の形の形状をしています。これはユダヤ教とイスラム教徒の双方で広く使用されていますが、 その起源は双方の宗教よりも前、カルタゴの守護女神として崇拝されるフェニキア月の女神であった女神タニトに繋がります。

Hamsa ben porat yosef gold   Hamsa ben porat yosef silver
ハムサベン・ポラット・ジョセフゴールド
  ハムサベン・ポラット・ジョセフシルバー


イスラム教のハムサ

イスラム教では預言者ムハンマドの一人娘の後に、雨をもたらすなど多くの奇跡に関連する「ファティマの手」としても知られています。物語はある日ファティマの夫アリが、 結婚したばかりの新妻(イスラム教徒の男性は4人の妻と結婚することが許可されています)と共に家にやってきた時に鍋をかき混ぜるのに忙しかった所から始まります。ファティマは嘆きと悲しみに打たれ、 手から”おたま”が滑っても自身の手でかき混ぜ続け、痛みに気がつきませんでした。以来、彼女の手は忍耐と信仰のシンボルとなっています。ハムサもイスラムの五行や教義を象徴すると言われています。


ユダヤ教のハムサ

ユダヤ教ではハムサは「YAD HA'CHAMESH」(5の手)、またはモーセとアロンの姉の後に「ミリアムの手」としても知られています。また律法五書にも繋がっています。

保護のためのハムサ

ハムサは悪魔の眼を追い払うために使用され、家の入り口、車の中、ブレスレットのチャームやチェーンなどでも見ることが出来ます。またハムサの真ん中には、 魚など悪魔の眼に効果があると考えられている他のシンボル、目やダビデの星を配置するのが一般的です。青色、 またはより目立つライトブルーも悪魔の眼から保護すると考えられており、この色や異なる色合いの青の宝石が埋め込まれた多くのハムサを見ることが出来ます。ユダヤ教の用途には、 ハムサは多くの場合、Sh'maの祈り、 Birkat HaBayit(家用の祝福)、 またはTefilatHaDerech(旅人用の祈り)といった保護ファッションの祈りで飾られており。

Hamsa ALD Hamsa ALD Hamsa CLI Hamsa CLI
Hamsa ALD gold
Hamsa ALD Silver
Hamsa CLI gold
Hamsa CLI Silver
Hamsa SAL Hamsa SAL Hamsa SHAH Hamsa SHAH
Hamsa SAL gold
Hamsa SAL Silver
Hamsa SHAH gold
Hamsa SHAH Silver





デザイナー – デビッド・ウァイツマン

デビッド・ウァイツマンは単なるジュエリーデザイナーではありません。 人々の支えるために情熱を傾ける人物です。 彼の大きな存在感と人々を救う能力は、長年に亘り、世界中の神秘なる英知を学び、得たものです。 デビッドは、自分のジュエリーを身につけたことにより、人生が大きく変わった、という人々からの感謝の言葉に彼自身が励まされていることに気づきました。

The Artist - David Weitzman



15% Discount for New Jupiter-Spica Talismans
Valid Until September 25th 2017

Contact us

カスタマーサービス

Email: [email protected]

US Phone: 1-888-215-6036

David Weitzman Workshop

Phone: 972-3-5730855

Mailing Address: Flowers of Life Jewels LTD P.O. box 853 Givataim 53108 Israel

Workshop Address: Korazin 5 Givataim room 337. Please call before arrival.

Your message was sent successfully!
We will be in touch as soon as possible.

Close

Something went wrong, try refreshing and submitting the form again.


Big Image Viewer

デビッドのカスタマークラブに入ろう